【顔シミ】の消し方

若い時は気にならないかもしれないけど・・

ある程度の年齢になるとどうしても気になってしまう【顔シミ】。

【顔シミ】が出来てしまうとかなり憂鬱な気分になってしまい、なんとか隠そうとして、ついついファンデーションを濃く塗ってしまう方もいらっしゃることでしょう。
そんな【顔シミ】にコンシーラーを使って消している方も非常に多いのではないでしょうか?

実際にプロのメイクアップアーティストも【顔シミ】を見つけて、なめらかな肌色を演出するためにはコンシーラーをうまく使用しているのです。
特に白人のモデルを起用した場合、ソバカスだけではなく、【顔シミ】が多いモデルも珍しくないわけですから、コンシーラーは欠かせないともいいます。

こうした【顔シミ】の消し方の知識があっても、自分でコンシーラーを使うと異常なくらい厚いメイクになってしまうのはよくある失敗ですが、使い方の問題なのです。

厚化粧の原因

【顔シミ】が目立つ場合、まずコンシーラーで消してから、ファンデーションを塗りたくなりますが、これが厚化粧の原因になります
また口紅のような形のスティック状のコンシーラーは一見、簡単そうなのですが、これが厚化粧に仕上げてしまいがちなのが、【顔シミ】です。

【顔シミ】の消し方をメイクで実現させるのであるならば、やはり正しいメイクアップのやり方をマスターしておくのがベストでしょう。
確かに雑誌などのグラビアの撮影の場合、【顔シミ】を消すために、メイクは通常よりもかなり濃くなっていることは確かです。

しかしながら普段のメイクの中でも、【顔シミ】を効果的にメイクで消しながら、ナチュラルに、見せることは難しいことではありません。
実際のところ、ナチュラルなメイクで【顔シミ】を消す方法というのは、なかなか難しく想像しにくいかもしれませんが、可能なことなのです。
日本女性は多くの場合、ナチュラルなメイクを好んでいますから、薄いメイクで【顔シミ】が消せたのであれば理想的なのではないでしょうか。

【顔シミ】についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、【顔シミ】の消し方はどのようにすればいいのかを詳しく調べてみましょう。
そこで自分に似合う色をメイクの中で研究していくように、ナチュラルなメイクなのに消えているという方法も見つけたいのが【顔シミ】です。

【顔シミ】をコンシーラーを使わないで、しかもナチュラルなメイクで消すという方法を提案していらっしゃる方もいます。
逆に必死に【顔シミ】を消そうとしたが故に、しわのほうが目立ってしまっていると残念な結果になっていろ女性もそこそこ見受けられます。

年齢的なものとして諦めている面も確かにありますが、【顔シミ】はファンデーションの色をよく考慮したほうが効果的に消せると言われています。
どのような方法であっても、その人の肌色や肌のコンディションによって変わってくるわけですから、消し方も自分に合った工夫したいのが【顔シミ】です。

コメントは受け付けていません。