夏バテを予防・改善するための5つのルール

猛暑でぐったりしていませんか?
疲れがとれない、食欲がわかない、だるくてやる気が出ないなどの症状に悩まされている方は、夏バテの危険サインです。

夏バテを予防・改善するためには、暑さ対策だけではなく、生活習慣を見直すことが大切なんですよ。

そこで今回は、夏バテを予防・改善するための生活のルールを5つご紹介します。

ルール1 炭水化物ばかりの食事を見直す
夏は、喉越しがよく、さっぱりしたものを好みますよね。
食べやすいからといってそうめんばかり食べている方は注意が必要です。

そうめんなどの冷えた麺類は食べやすいですが、炭水化物に栄養が偏ってしまいます。

すると、ミネラルやビタミン、タンパク質が不足して、代謝が停滞し、疲れが溜まりやすくなるんですよ。

夏バテを予防・改善するためには、野菜や肉類、魚もしっかり食べるようにしましょう。
食欲がわかないときは、香辛料やにんにくなどの香味野菜を使うと効果的ですよ。

ルール2 温かい飲み物で胃腸の負担を減らす
あまりにも暑いと、冷えた飲み物ばかりガブガブ飲んでしまいますよね。

ですが、冷えた飲み物の摂りすぎは、直接胃腸を冷やして、消化不良を起こしてしまいます。

胃腸の元気を取り戻すためにも、積極的に温かい飲み物を飲む習慣を身につけましょう。

ルール3 こまめで早めの水分補給を心掛ける
夏は水分補給が大切です。
水分が不足すると、疲れやすさや食欲の低下など夏バテの症状が出て、悪化してしまうと熱中症になってしまいます。

喉が渇いた時点ではすでに、体は脱水のサインを送っているので、水分補給は早めに行うようにしましょう。

また、こまめに少しずつ水分をとることも大切です。

ルール4 運動と入浴で汗をかく
夏バテの原因の1つに冷房による自律神経の乱れが挙げられます。
夏バテを予防・改善するためには、自律神経を整えてあげることも大切です。

そのために効果的なのが、運動と入浴で汗をかくことです。
汗をかくことで体温を調節する機能を鍛えることができ、自律神経も乱れにくくなるんですよ。

運動は、涼しい時間帯に無理をしない程度に行ってくださいね。

ルール5 冷房で部屋を冷やしすぎない
自律神経の乱れは、部屋の冷やしすぎが原因の1つにもなります。

冷房を強くして部屋を冷やしすぎると、外と部屋の中の気温差が激しくなって、自律神経がパニックを起こしてしまうのです。

冷房は、外の温度よりも5度以上差ができないように設定しましょう。
ドライ機能などを上手に使うといいですよ。

★睡眠不足にも注意しよう!
夏バテを予防・改善するためには、食事や冷房の使い方、運動習慣の見直しがとても大切です。

夏バテを感じたら、まずは生活を見直してみましょう。

今回はルールとして書きませんでしたが、もちろん睡眠もとても大切です。
睡眠環境を整えて、睡眠不足にならないようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。