夏でも長袖がいい?!快眠のためのパジャマの選び方

あなたは眠るとき、パジャマを着る派ですか?
それとも、ジャージなどをそのまま寝巻きとして利用していますか?

実は、快眠するためには、パジャマを着た方がいいんですよ。

今回は、パジャマを着た方がいい理由と夏でも快眠できるパジャマの選び方についてお伝えします。

★パジャマは快適な睡眠環境を作ってくれる

睡眠中には、コップ1~2杯分ほどの汗をかきます。
また、眠るときは、体の深部の温度を下げるために、皮膚温度が上昇し、熱を外に出そうとします。

この寝ているときに出る汗や熱が布団の中にこもってしまうと、体温調節が上手くできなくなり、途中で目を覚ましやすくなってしまうんですよ。

パジャマは、汗を吸って体に熱がこもりにくくしてくれます。
快適に眠るためには、寝具だけではなく、何を着て眠るのかもとても大切なのです。

★パジャマを着ることは入眠儀式にもなる
入眠儀式とは、眠る前に必ず行う特定の行動のことを言います。

眠る前に「歯を磨く」など特定の行動を習慣にすることで、体を睡眠モードに切り替えることができるんですよ。

実は、パジャマを着ることも入眠儀式になります。

眠る前に睡眠用のパジャマに着替えることで、寝付きがよくなったり、熟睡しやすくなるんですよ。

★快眠するためのパジャマの選び方
それでは、快眠するためにはどのようなパジャマを選べばいいのでしょうか?
選び方のポイントは、次の4つです。

ポイント1 通気性と吸湿性のいい素材を選ぶ
快眠するためには、しっかり汗を吸って熱を逃がしてくれるパジャマじゃないといけません。

ジャージなどの化学繊維は、吸湿性が悪く、逆に眠りの妨げになってしまいます。

快眠のためには、綿やシルクなどの吸湿性と通気性に優れ、吸った湿気を外に逃がしてくれる素材のものを選びましょう。

ポイント2 ゆったりとした形とサイズを選ぶ
パジャマは、いつもの服のサイズよりも1つ上のサイズを選ぶことをおすすめします。

体にフィットしたパジャマや締め付けの強いパジャマは、血流を悪くしてしまい、睡眠の邪魔になります。

心身をリラックスモードにして、眠りやすくするためには、裾や袖の締め付けがなく、ゆったりとした形やサイズのものを選びましょう。

ポイント3 長袖長ズボンのパジャマを選ぶ

パジャマの役目の1つが、寝ているときにかいた汗をしっかりと吸い取ることです。

体全体の汗を効率よく吸い取るためにも、夏でも長袖長ズボンのパジャマを選ぶことをおすすめします。

ポイント4 肌触りのいいものを選ぶ
リラックスして眠るためには、自分が心地よいと感じることが大切です。
そのためにも、パジャマは肌触りのいいものを選んでくださいね。

特に、シルクは値段は張りますが、スベスベして心地いいのでおすすめです。

★お気に入りの1着を見つけよう!
お気に入りのパジャマが見つかると眠るのも楽しみになりますよね。
すると、眠りにもいい影響が出ます。
健康や美容のためにも、ぜひお気に入りの1着を探してみてください。

コメントは受け付けていません。