寝苦しい夏の夜におすすめ!快適な寝室作りの5つのコツ

夏の夜で困るのが、暑苦しさからくる不眠です。

上手く寝付けてもエアコンが切れると同時に、目が覚めてしまうなんてこともよくありますよね。

睡眠不足が続くと、健康トラブルを起こしやすくなり、夏バテにもかかりやすくなってしまいます。

そこで今回は、寝苦しい夜におすすめの快適な寝室作りのコツについてお伝えします。

★就寝前に寝室を28度にしっかり冷やしておく
ムシムシする夜や暑い夜は、エアコンを上手に利用しましょう。
ここでポイントになるのが、寝室は寝るときにエアコンをつけるのではなく、眠る前から前もって寝室を冷やしておくということです。

就寝前に部屋を冷やしておくことで、寝付きがよくなり、快眠をサポートできます。

温度は25~28度、湿度は50~60%を目安にするといいですよ。
暑くないけれど、湿気が多いときは除湿やドライ機能を利用することをおすすめします。

★エアコンのタイマーは3時間以上後に設定
寝ている間ずっとエアコンをつけていると電気代が気になってしまいますよね。
そのようなときは、エアコンのタイマーを利用しましょう。

ただし、眠ってすぐにエアコンが切れてしまうと、すぐに目を覚ましてしまい、意味がありません。

睡眠は最初の3時間がとても大切です。
エアコンのタイマーは最初の3時間が熟睡できるように、3時間後に設定しておくといいですよ。

★サーキュレーターを使って寝室全体を冷やす
エアコンが切れたと思ったら、すぐに部屋が暑苦しくなって目が覚めてしまうとお悩みの方は、サーキュレーターを利用してみるといいですよ。

エアコンが切れてすぐに部屋が暑くなってしまうのは、壁や天井に熱がこもっているからです。

就寝前に寝室を冷やすときは、クローゼットなども開けて、エアコンの冷たい空気をサーキュレーターで部屋全体に循環させるようにしましょう。

部屋全体をしっかり冷やして熱を事前に取っておくことで、エアコンが切れても温度が上がりにくくなるんですよ。

★麻や綿素材の寝具を使う
暑苦しくて眠れないときは、寝具も見直してみましょう。
いくら温度を適温に保っても、布団の中に湿気や熱がこもってしまうと、途中で目が覚めてしまいます。

夏は、通気性と吸湿性、放湿性に優れている麻や綿素材のシーツやマットをつけると、眠りやすくなりますよ。

★寝室の色を青系にする
同じ温度でも部屋の色が違うと体感温度が変わります。
なんと青い部屋と赤い部屋では、青色の部屋の方が体感温度が3度も低いとも報告されているんですよ。

夏は、寝室の小物や寝具などを青系にして、見た目にも涼やかな環境にしましょう。

★夏は暑さを我慢しないことが大切!
エアコンが苦手な方や家計が気になる方は、どうしても暑さを我慢してしまいますよね。

しかし、暑さを我慢していると、睡眠中に熱中症を起こしてしまうこともあります。

暑苦しいときは我慢せずに、快適な環境を作るようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。