水の正しい飲み方

あなたは正しい水分補給が出来ていますか?
気温が暑くなるにつれて増えてくるのが、水分補給です。
また、最近は美容目的で水をたくさん飲む方も増えていますよね。

しかし、そこには思わぬ落とし穴が存在するんですよ。

水は適切に飲まなければ、健康トラブルも引き起こしてしまうのです。
そこで今回は、正しい水の飲み方についてお伝えします。

★水分ではなく「水」を飲むことが大切
水分補給するためにあなたは何を飲んでいますか?
緑茶やコーヒー、紅茶などで喉を潤している方は要注意です。

コーヒーや緑茶などは確かに水分ですが、水分補給としては適しません。

それは、これらの飲料にはカフェインが含まれており、尿として排出される水分が増えてしまうからです。

水分補給のためには、「水分」ではなく、「水」を飲むことが大切です。

★水の飲み過ぎは命を脅かす
最近では、水を飲む健康法や美容法が流行していますよね。
そのため、1日に3L以上の大量の水を飲む方をよく見かけます。

しかし、水は足りなくても問題ですが、飲み過ぎても問題なんですよ。

無理をしてまで大量の水を飲むと、「水中毒」に陥る危険があります。
水中毒とは、体の中の水分が過剰になり、血液中の塩分の濃度が薄くなってしまうことで起こります。

血液の塩分濃度が薄くなると、脳がむくんでしまう脳浮腫になって意識障害やけいれん、嘔吐などの症状が現れ、最悪の場合、死にいたります。

水をたくさん飲んでいる方で、
・疲労感やだるさ
・むくみ
・嘔吐
・頭痛
・イライラ
・体重の増加

などに心当たりがある方は水中毒の危険サインかもしれないので注意しましょう。

★1日の水の目安量は?
それでは、1日あたりどれくらいの量を目安に水を飲めばいいのでしょうか?
1日の摂取目安量は、1.5Lです。

1日に体から出ていく水の量は、大人でだいたい2.5L程度です。
そのため、外から毎日2.5L補う必要があります。

しかし、2.5L全てを水の飲用で補う必要はないんですよ。
なぜなら、食事からや代謝によっても水分が補給されるからです。
食事や代謝で得られる水分を除いた1.5L程度が飲料水として必要な量なのです。

★水を飲むときの3つのポイント
水を飲むときには、3つのポイントがあります。
ポイントを守って飲むことで、脱水や水中毒による健康トラブルを防ぐことができます。

ポイント1 少しずつをこまめに飲む
水は一気に飲むのではなく、少しずつこまめに飲むようにしましょう。
一気に飲んでも、体は全ての水分を吸収することができません。

ポイント2 喉が乾く前に飲む
水は、喉が乾いたと感じる前に補給するようにしましょう。
喉の乾きを感じたときは、すでに体の中の水分が足りていないことが多いのです。
脱水症状を起こさないためにも、喉が乾く前にこまめに水分補給をしましょう。

ポイント3 常温で飲む
水はできるだけ常温で飲むようにしましょう。
冷たい水を飲むとスカッとしますが、内臓を冷やしてしまいます。

★脱水を感じたときは経口補水液を活用
大量の汗をかいたときや、脱水を起こしているときは、ナトリウム入りのスポーツドリンクや経口補水液を利用しましょう。

ナトリウム濃度が、飲料水100mlあたり40~80mg含まれている清涼飲料水を選ぶようにするといいですよ。

ただし、高血圧や糖尿病の方は病状に影響するため、医師と相談するようにしてください。

コメントは受け付けていません。