冷えにより花粉症の症状をおさえる

慢性的に冷えていると、新陳の不調を引き起こしてしまうことがあります。

頭痛がしたり、月経痛がひどくなったり。

花粉症の症状がひどくなったり。

疲れやすくもなります。

そうなるとますますつらくなりますよね。

自分の生活を見直してみましょう。

冷えやすい生活を続けているのなら、その冷えを改善して、体を温めることで、花粉症の症状が緩和されていくかもしれません。

私たちが何気なく食べる、食事も、冷え性の原因になることがあります。

以下のことが当てはまるときは、食事による「冷え」が起きている可能性があります。

★朝ごはんは食べない

忙しい朝は、ついつい食事を抜いてしまいがちですね。

でも、朝ごはんを抜くと、体温があがらず、低体温になりやすくなります。

血液もめぐりにくくなり、体は冷えやすくなります。


★体を冷やす食べ物を耐えている

食べ物には、体を温める「陽性」の食べ物と、体を冷やす「陰性」の食べ物があります。

夏が旬の食べ物は、体を冷やす陰性の性質があります。

反対に冬が旬の食べ物は、体を温める作用があります。

昔の人達は、その土地で、季節にとれるものを食事として食べてきました。

でも最近は、季節を問わずに何でも食べられるので、冷えるべきでない時に、冷えやすくする食べ物を食べている恐れがあるのです。

冷えやすい食べ物には、以下があります。

・トマト・レタス・キュウリ・ほうれん草

これらは夏に収穫される食べ物です。

生野菜サラダはおいしいですが、こういうものを食べていると、冷えてしまいます。

とくに冷え性の方は食べすぎに注意しましょう。

熱を通すと陽性に近づきます。

なるべく野菜は生ではなく、火を通して食べるようにしましょう。

・マンゴー・バナナ・パイナップル

南の国の食べ物、夏に収穫される食べ物です。

こういうものも体を冷やします。おいしいですが・・・。

ビタミンが豊富なので、美容のためにとつい食べてしまいますが、これが冷え性につながり、ひいては花粉症の症状の悪化にもつながってしまうので、食べすぎはいけません。

・コーヒー

コーヒーって、南国の食べ物です。

だから飲むと、体を冷やすといわれています。

1日に何杯も飲んでいるようなら、量を減らすといいですね。

・緑茶

お茶は、発酵させると体を温めるといわれていますが、緑茶は発酵させていません。

だから、体を冷やしてしまうんです。

カテキンが含まれていて、体に良い面もある飲み物ですが、花粉症の時期は、控えたほうがよさそうです。

・白砂糖・白パン

精白された食べ物は体を冷やすといわれています。

摂りすぎないように。

いつもは何気なく食卓に上っている食べ物ばかりです。

でも、知らず知らずのうちに、あなたの体を冷やしているかもしれませんよ。

冷え性の方で、こういうものを好んで食べているようなら、量を調節してみるといいですよ。

ミュゼ 和歌山県店舗

コメントは受け付けていません。