アンガーマネジメントで思考と行動をコントロール

アンガーマネジメントでは怒りが「起きたら6秒待つ」というのが基本です。

怒りというのは起きた最初の6秒がピークで、そのあとになると和らいできます。

6秒後までまず待つ。それが基本です。

そしてその次に大切なのが、思考のコントロールです。

★思考のコントロール 「べき」の範囲を広げる

自分が怒っていても、相手に伝わらないことってありますよね。

それは自分と相手との間に感情の温度差があるからです。

アンガーマネジメントのためには、コミュニケーションする相手と、言葉についての共通認識を揃えておくことが大切です。

私たちはいろいろな物事に対して、「こうあるべき」だという考えを持っています。

そしてそのラインに、相手とのギャップがある時、怒りを感じます。

よくあるパターンは、夫婦のうち妻は「夫が育児を手伝ってくれるべきだ」と思うけれど、夫はなかなかやってくれない。

そうすると、妻はその「べき」が果たされないので怒ります。

何かに対して「そうあるべき」だと思っていること、そのものが、私たちを怒らせる元です。

つまりそれが自分の願望を象徴するものです。

そこで、自分の「べき」と相手の思う「べき」、周囲の「べき」を理解しておくと、どうしてずれが起きるのかがわかります。

誰でも自分が中心に世界が回っています。

自分が「こうあるべきだ」と思う時、それは自分にとってはとても理にかなったことで、正解なのですが、相手によってはそうではないかもしれません。

それを理解したうえで、「べき」の範囲を広げていきましょう。

自分を中心にした「べき」のサークルを少しずつ広げていきます。

それで、相手の「べき」のと重なる部分を作る。

これで、アンガーマネジメントしやすくなります。

アンガーマネジメントのためには、怒る必要があることと、ないことを区別するべきです。

怒ってトラブルになって、後悔するなら、怒らないほうがいいです。

そのためのカンタンな方法があります。

自分と相手の「べき」の範囲を確認してみることです。

まず、紙に三重丸を書いてみましょう。

円の一番内側が「相手と自分が同じ」という部分。もう一つ外が「少し違うけれど、許容範囲にあるもの」、一番外の円が「自分と違う許容できない」という部分。

具体的な例で見てみましょう。皆、時間は守ったほうがいいと思いますね。

でも、例えば、9時に集合ということになった時、何時に来る「べき」なのかというのは、人それぞれだったりします。

ある人は10分前に来るのが「べき」のライン、ある人は9時ジャストに来るのが「べき」のライン、別の人は5分くらい遅れてもいいや~、な「べき」かもしれません。

気の早い人やのんびりしている人、いろんな人がいます。

だから、同じ事象に対しても、「べき」の範囲って違うものなのです。

同じ人でも日によって気分が変わって、範囲が広まったり、狭まったりします。

その感覚を理解しないと、コミュニケーションは成立できません。

価値観を一緒にすればいいという話ではありません。

自分の境界を広げて、相手と触れ合う部分を増やす、これが大切です。

コメントは受け付けていません。