イライラを避けるための10のヒント

イライラしてしまうと、はっきり言って、楽しくないですね。

生活でも仕事でも、イライラがあると、それだけで心が重くなるし、精神衛生上良くありません。

そこで、アンガーマネジメントをおすすめします。

今からご紹介する10の方法を実践することで、イライラしてしまうのを避けやすくなります。

ヒント1 他人に期待しすぎない

他人に期待しすぎていると、不満を感じることが多くなります。

他人はあなたが望むとおりに動いてくれるわけではないからです。

求めすぎるから、「どうしてあの人は私にとってイヤなことをするのだろう。ムカつく」ということになってしまいます。

ヒント2 自分に100%を求めない

完璧主義は怒りのもとです。

自分に100%の成果を求めてしまうと、出来ない自分にイライラします。

100%なんてムリ、と最初から思っておくと、少しくらいうまくいかないことがあっても、「まあ、これだけできればOKでしょ」と満足できるようになります。

ヒント3 「こうするべきだ」と思わない

「こうあるべき」「絶対こうしよう」というような考えを持っていると、自分の願望に支配されてしまいがちになります。

こうあるべきだと思っても、そうはならないことも多いのが人生というものです。

「べき」という言葉を自分のやることにつけてしまうと、それができなかったときにイライラがつのります。

ヒント4 自分の本音を知る

怒りが起きたら、その裏には自分の本音があります。

「本当はこうしたいのにこうならない、だからイライラする」という風な意識の流れで怒りというものは起きているからです。

その本音を知れば、どういう風に怒りをコントロールしていけばいいのかも見えてきます。

ヒント5 他人と比較しない

人と比べていると、いつも嫉妬してしまいます。

そうすると、相手を受け入れにくくなります。

よく言われることですが、「自分は自分」ですよ。

自分はこうだ、という定義をして、あくまで自分だけを見つめて、良いところを引き出すほうが建設的です。

ヒント6 なるべくハッピーな気分でいるように心がける

ハッピーでいるとき、自然と表情が和らぐし、行動も穏やかなものになります。

そうすると、それを見た他人も、あなたに接する時に穏やかに接するようになります。

相手のふるまいをやさしくさせるには、まず自分が穏やかになることが大切なのです。

ヒント7 体調管理はしっかり

ハッピーでいるためには、あなたの健康状態が良好でないといけません。

体調が悪いと、それだけでイライラしやすくなりますよね。

イライラしたら、早めに休みを取って、リフレッシュできるようにしましょう。

ヒント8 イライラが起きたら観察

怒りが起きたら、今、自分が見ているものを観察してみます。

アンガーマネジメントの最初のステップです。

まず、怒りを引き起こした対象を観察して、その性質を見極める。

自分がどうしてこれに対して怒っているのかを知るのです。

ヒント9 その場から離れる

イライラが起きて、相手と言い争いになった場合。

そういうときは、そこにいてもイライラがつのるばかりです。

そこで、その場所を離れてみましょう。

離れた場所で頭を冷やすのです。

ヒント10 自分を受け入れる

イライラしてしまう自分を責めても、何も解決しません。

「これが自分だ」と受け入れて、その上で、自分にとってストレスのない解決策を探していきましょう。

脱毛効果

コメントは受け付けていません。