ストレス解消法:「してくれない」と思わない

気づけば、「あの人は○○してくれない」と思ったりしていませんか?

仕事が忙しい彼氏に「どこにも連れて行ってくれない」とグチをいってみたり、仕事が上手くいかなくて「誰も私のことを評価してくれない」とグチってみたり。

身近に友達がいないと「誰も遊びに誘ってくれない」と言ってみたり。

こういう風にグチる現代人は、増えているようです。

こういう風に思う多くの人は、自分の期待に、パートナーや親友など「親密な相手」がこたえてくれないと、不満を持ちます。

親密な相手だからこそ、「〇〇してほしい」という期待を抱いてしまいます。

そしてそれがかなえられないと「〇〇してくれない」と不満を持つ。

この不満は放っておくと、怒りや恨みといった、強い負のエネルギーになってしまいかねません。

いくらこっちが、「〇〇してほしい」と思ったとしても、相手には相手の都合があります。

当たり前ですけどね。

必ずしも、自分の期待通りのことをしてくれるとは限りません。

自分のことを振り返ってみてもそうですね。

忙しくて遊びにもいけない、休むこともできない、人とおしゃべりすることもできない。

そしてあなたがそれをするのを待っている人がいれば、「〇〇してくれない」と思われても仕方がないのです。そういうものです。

それを、「してくれない!」と文句を言っても、重いと受け取られるだけです。

だからと言って、そういうグチをひとりで呟いても、救われることはありませんよね。

どんどん気分が暗くなっていくだけです。

そもそも「〇〇してくれない」と思う気持ちをひも解いてみると、依存心が強いから、ということが言えそうです。

相手が何かをしてくれるのを待つ前に、自分から提案してみるといいかもしれませんよ。

デートの時に、彼からの提案を待つだけではなく、自分自身が何をしたいかを考えて、提案するのが、ある意味自立したお付き合いのカタチと言えます。

「いい季節だから、ピクニックに行ってみない?」など、自分も提案すれば、彼氏もお付き合いをラクに考えられるはずです。

恋人との関係だけではなく、仕事でも、友達関係でも、柔軟な考えで選択肢を持つことはいいことです。

あるいは、「〇〇してくれない」と思うのは、自分が充実していないフラストレーションから来るのかもしれません。

自分のやりたいことがわからない、仕事が上手くいかない、自分の力に限界を感じている、などなど。

自分への欲求不満を持っていると、イライラするものです。それが無意識のうちに「〇〇さんが〇〇してくれないからだ」と、身近にいる誰かのせいにしてしまうのです。

こうやって誰かのせいにしておけば、自分で問題に直面して、傷つくのを避けられます。これを「防護規制」と言います。

でも、それを責められた相手はきっと「?」になってしまうでしょう。

いちゃもんをつけられているようなものです。

こういうことをしていても、他人といい関係は築けないし、自分の心も軽くなりませんから、まず、自分自身と向き合うことから始めてみるといいかもしれませんよ。

ミュゼでワキ脱毛

コメントは受け付けていません。