アンチエイジングな食べ方

どうやって食べるか、その食べ方は、実はアンチエイジングに大きく関係しているのです。

アンチエイジングな食べ方を実践することで、食材選び、調理法に気を配ったことの効果を、しっかり守って、アンチエイジング効果を最大化することができます。


★よく噛んで食べる

これが一番大事です。

よく噛むことで、あごの力、顔の筋肉が育ち、フェイスラインが整えられやすくなります。たるみ予防に役立つのです。

よく噛むと、唾液の分泌を促進して、内臓で消化吸収されやすくなります。

★最初に野菜と硬いものを食べる

いきなり脂っこいもの、甘いものを食べるのはいけません。

血糖値が急上昇して、膵臓や肝臓に負担をかけてしまいます。

食べすぎないようにするためにも、最初に野菜や、歯ごたえのある、硬いものを食べるようにしましょう。

これで、ある程度空腹が満たされるので、そのあと食べるものも、食べすぎを防ぐことができます。


★一口で食べる量を少なめにする

どんどん口に入れて、早食いしてしまうのは、アンチエイジングになりません。

満腹中枢を刺激できずに、どんどん食べてしまうので、食べすぎになってしまいます。

お箸で取る量を少なくして、一度にたくさん詰め込まないようにしましょう。

よく噛み、ゆっくり時間をかけて食べると、脳も内蔵も満足してきます。

★いろいろな料理を少しずつ食べる

同じものばかりを食べるよりも、いろいろなおかずを少しずつ食べるほうが、アンチエイジングに役立ちます。

種類が豊富な食材をバランスよく摂りましょう。

好きなものばかり食べるのではなく、いろいろな種類を食べて、バランスよく栄養摂取することが、アンチエイジングに効果的なのです。

★ジュースやアルコールを控える

ジュースやアルコールのカロリーだって、食事にカウントされます。

とくに、お酒はカロリーに含めていない方も多かったりするのではないでしょうか?

とても高カロリーなものなので、これも含めて1日の食事のカロリーコントロールをするようにしましょう。

また、ダイエットにノンカロリーのお茶や水を飲んでから食事をする、という方がいますが、これはおすすめできません。

最初にお水やお茶をたくさん飲んでしまうと、胃液が薄まり、消化が低下してしまうからです。

ガブガブ飲まずに、食事と一緒に、少しずつ飲むようにしましょう。

食事を1日3回、きちんと食べることも大切です。

食事をするたびに、成長ホルモンが少しずつ分泌されています。

一度にたくさん食べるよりも、1日3回に分けて食べるほうが、成長ホルモンを分泌させやすくなります。

成長ホルモンは、アンチエイジングに欠かせないホルモンです。

食後はすぐに動かず、休憩時間をとって、内臓がはたらきやすくするようにしてあげましょう。

食事をした後は、眠くなりがちです。

10分でもいいので、目を閉じて休憩すると、それ以降の体調がよくなります。

無理して眠気をこらえるのはいけませんよ。

酵素ダイエット

コメントは受け付けていません。